あいち福祉医療専門学校

こころの時代を支えるひとへ。

インタビュー

稲川順子(学部・学科・コース:介護福祉学科2010年卒業/勤め先:デイサービスセンター 西日置フラワー園)
介護福祉士にとって一番大切なのは「笑顔」だと思います。私が笑っていると、利用者の方も笑ってくれることがすごく嬉しい。だから笑顔でいることをいつもこころがけているのですが、ある時疲れていて、笑顔が出せなかったことがあったんです。その時、「あんたどうしたの。大丈夫?」と利用者の方に本気で心配されてしまい、「これではいけない」と思いましたね。安心した生活を支援する立場なのに、心配をかけてしまったのですから。私はこの施設の雰囲気をつくる一人なんだと改めて実感しました。
 普段は利用者の方の食事介助、レクリエーションや機能訓練を行ったりすることが中心です。でも意外とデスクワークも多いですね。いつも動いていて体力勝負の仕事だと思っていたけれど、頭を使って考えることもたくさんあります。それでも、やっぱり大切なのは、「話」をすること。コミュニケーションがすべてです。そして一歩踏み込んで、「昨日こんなことがあったんだよ」と他愛もないことも話してもらえるくらい、身近に感じてもらいたい。そうなれば、利用者の方ももっと過ごしやすくなると思いますから。介護福祉士として、家族と同じくらい近い存在になれたら一番ですね。
あいち福祉医療専門学校 インタビュー1

アクセス

学校名
あいち福祉医療専門学校
住所
〒456-0002
愛知県名古屋市熱田区金山町1-7-13
電話番号
052-678-8101
最寄り駅
JR・名鉄・地下鉄「金山駅」より徒歩1分